--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Tag:
2037.12.23(Wed):駄作
 こんにちは、麻偽ブログです。
 麻偽が管理人をさせていただくブログです。
 よろしくお願いします。

 コメントやブロ友は大歓迎です。
 ブロ友とかリンクは、基本的にお断りすることはありませんので。
 え~と、年齢制限がつくサイトさんは別ですが。

 

 追記で自己紹介と、各カテゴリの説明を書いています。
 (おや、誰かの文とそっくりな気が…)

お知らせ

 もうすぐ、大学が始まってしまう…。

【Read More...】

スポンサーサイト
2012.02.15(Wed):本腰入れたやつ
 こんにちは、麻偽です。

千「何故だか呼ばれた阿部千里もいます。」

 もうすぐ受験生になるということで、
 今日で麻偽ブログの更新はひとまずおしまいです。
 …まぁ、ストレスが溜まってみなさんのブログを覗きに行ったりは
 あるかもしれないですけど…。

千「あぁ、それ、典型的な落ちる人です。」

 今日は、最後にこれまでの麻偽ブログを振り返りたいと思います。
 最後の得々は振り返りとかなく通常運行だったしね。

千「では、さっさとどうぞ。私、早く帰りたいんで。」


 ブログを始めたのは中2の夏でした。
 最初は楽天ブログでやっていました。
 きっかけは、友人がやってて楽しそうだなぁって思ったからです。

千「ちなみに、麻偽って名前のきっかけは?」

 怪しい名前がよかったんで。
 まぁ、始めた当初は本当に普通のブログでした。
 今みたいなネタブログにしようなんて、これっぽっちも。

千「いや、このつまらなさでネタブログとか言うな。」

 そして中3の5月、つまり3年前、
 ブログ界を揺るがす大事件が起こりました。

千「と言いますと?」

 得々トークが始まったのです。

千「いや、何も揺らいでないから!!
  ていうか、この仕事のせいで私の評判が揺らいでます!!

 今は水色背景の爽やかブログですが、

千「いや、さっき自分でネタブログだって言ってたでしょ。」

 当時はピンク色のビューチフルなブログでした。

千「いや気色悪かったです。」

 そして、おととしの12月末にこっちに移転してきました。

千「何故ですか?」

 さて、ここからは真面目な話です。



 楽天って、更新さえしてれば客がめちゃくちゃ入るんです。
 広告だか何だかよく分からない人(?)が。
 楽天時代(いや、イーグルスに在籍してたみたいな言い方ですが)
 実際の友人と謎の客ばかりが来て、
 やってた2年半でリアルに関係なく仲良くなった人は
 たった一人でした。

千「それ、楽天ブログに非があるみたいな言い方だけど、
  悪いのはコミュカ不足の麻偽では?」

 …まぁ、それはそうだね、うん。

 しかも、その頃、ちょうど友人が辞めていった時期で、
 (言い忘れてたけど、僕がブログを始めた頃に、
  ウチの部活で楽天ブログがブームになったんです)
 いつしか残っていたのは、
 誰が付けたかも分からないヒット数だけになっていました。

 あと、そのちょっと前に、ciel君っていう後輩が、FC2を始めたんですよ。
 そして、あっという間にコミュニティーを広げていく。
 いいなぁ、うらやましいなぁ…。

 そうだ、FC2に行こう!!

 思い立ったが吉日、
 3日後くらいにブログを移転しました。

千「でも、別にFC2来たからって、コミュニティー広がった?」

 リア友じゃない人が来てるって分かるだけで、
 僕の中ではコミュニティーが広がったも同然なんです!!

 ネタブログを目指そうと思ったのは春頃です。
 …別にネタブログではないんですけど…。
 先輩ブロガーさんに影響されて(これもコミュの広がりですね)
 どうせ書くなら少しでも面白いことを書きたいと思ったんです。

 もちろん楽天ブログにも感謝してますが、
 FC2、そしてここで出会った、
 たくさんの他のブロガーにはもっと感謝しています。
 色々なことを学ぶことができました。


 現実世界では(でも?)僕は暗いタイプで、
 仲間内以外とはまともに話せないという
 本当につまらない人間なんですよ。

 でも、それを克服したくて今日まで頑張ってきました。
 克服できたなんて思えませんが、
 少しでも楽しんでいただけたなら嬉しいです。

 でもって、そのモチベーションを保てたのは、
 他のもっと面白いブログを読んで、
 物書くのが上手くなりたいって思ったからです。
 読んでくれる方、コメントして下さる方が少しでもいたからです。



 これまで、麻偽ブログに関係して下さったみなさん、
 本当にありがとうございました。
 受験勉強を終えたとき、
 僕がどういう気持ちでいるか、
 僕がどういう環境にいるかは分かりません。
 でも、もし機会があるなら、ブログを再開したいと思ってます。
 その時は、また、よろしくお願いできたらなと思います。

千「感動した。」

 でしょでしょ!!どこが?

千「未来で待ってるってシーン。」

 いや、僕のスピーチ聞いてなかったでしょ…。

 そうだ、もし僕がまたブログを再開する時は、
 また得々をやりましょう!!

千「嫌です!!」




 ありがとうございました。
2012.02.14(Tue):麻偽の得々トーク
麻「こんにちは。得々トーク司会の麻偽と。」
千「阿部千里で~す。」
麻「今日はバレンタインですね。千里、僕に渡すものは?」
千「ない!!」
麻「僕はあります。」
千「?」
麻「これです。」
千「契約破棄の書類?」
麻「はい、本日をもって得々トークは最終回となります。」
千「えええええ!!やった。」
麻「いや、やったじゃないから。まぁ、僕ももうすぐ高校三年生で受験生として勉強時間を確保しなくてはならないのです。」
千「頑張って3浪で合格しようというやる気の現れですね!!」
麻「いや、現役合格を目指させてください…。さて、ということで千里に今までのお礼も込めて渡したいものがあります。」
千「今までの未払い分のギャラですか?」
麻「それは金がないので無理です…。」


麻「まずは、思い出の写真をどうぞ。」
千「いや、一緒に撮ったこととかないですけど。」
麻「最近の技術はすごいですからね。まず、千里の写真を撮って。」
千「って、それ隠し撮りでしょ!!」
麻「そして、僕の写真とくっつければ。」
千「あっ、これ、麻偽の証明写真?クスクス。」
麻「人の顔見て笑わない!!ともかく、二つの写真を合成すれば完成です。」
千「って、一体化させてどうする!!」

麻「じゃじゃ~ん、赤いヒモです。」
千「それを言うなら赤い糸でしょ?だいたい、私は麻偽みたいなのとつながりたくないんで要りません!!」
麻「ええ~。せっかく、お母さんに買ってもらったんだよ?
千「って、ヒモはアンタでしょ!!」
麻「見てみて、二人の愛情は引っ張っても千切れな…あっ。」
千「もはやただの赤い糸くず…。

麻「服を買ってきました。着てみてください。」
千「嫌です!!何ですか?この赤と黄色の派手な服は…。」
麻「ええ~、せっかく買ってきたのに…ありがた迷惑でした?」
千「ありがたくない迷惑です。」
麻「一応、下着も買ってきましたが。」
千「…それ、自分で買ったの?」

麻「じゃあ、有用性重視で。」
千「と言いますと?」
麻「文房具セットです。」
千「えっ、あ、うん、確かに役立つね。ありがとう。」
麻「でしょ?やっぱり、贈り物は文房具に限ります。」
千「いや~、それはどうかな?」
麻「これは、退職金+今年の誕生日プレゼントだと思ってね。」
千「って、誕生日プレゼントに文房具セットはないでしょ!!」

麻「手作りの券です。」
千「うわぁ、チラシの裏紙…しかも、表面は霊園のご案内だし…。」
麻「ちゃんと裏も見てくださいよ。」
千「はいはい。どれどれ…肩たたき券、背中たたき券、腰たたき券…って、どんどん下半身に来てるじゃない!!
麻「えっ、バレるの早っ!!」
千「続いて、麻偽たたき券?」
麻「ストレスが溜まった時用にね。」
千「ちょうどよかった。使わせてもらうわ。」
麻「………えっ、その、千里がこんなもの要らんわってツッコミ入れて終わるとこだよ?」
千「最終回だし。」
麻「ちょ、ちょっと、や~め~て~!!」
 ちょうど麻偽たたき券の裏には、
 霊園の新規受付募集開始と書かれていた。

麻「最後に、これを渡します。」
千「ん?これ、何の箱?」
 開くと中身はありません。
麻「金がなくて箱しか買えなかった。
千「Alwaysのプロポーズのシーンですか?ていうことは、これは指輪の箱?」
麻「いや、ギャラを入れる箱。」
千「そんな箱買わずに、お金を払いなさい!!ていうか、こんだけ色々買えるのならギャラだって払えるでしょ!!」


麻「え~と、本当に一先ず最終回です。受験が終わった時に、再開できたらいいななんて思っています。まぁ、その頃に僕がどうなってるかなんて分かりませんが。」
千「今までご愛読…はしてないでしょうが、ありがとうございました!!以上、得々トークでした。」
2012.02.13(Mon):い草グレート
 突然ですが、
 今日はい草グレートの最終回です。

「そもそも、い草グレートって何?」

 ………創作物です。


 <登場人物紹介
亜麻観
 クールで美人なツンデレJK。
 強がってはプライドを傷つけられる可哀想な子。
 そんな日々も今日で最後です。

ミコト
 純真無垢で純真可憐な大和撫子。
 作者のせいで、どんどん黒い部分が浮き彫りに…。
 でも、彼女も今日で清廉潔白に戻れるのです。

チヨ
 バカでハイテンションな関西弁ガール。
 何故かミコトとキャラが被ってしまっていた。
 ちなみに、名前の由来は千代田区から。

佐々岡
 インチキ占い師兼バカな女子高生。
 読者からはとことん嫌われているみたい。
 今日を境に…いや、変わらないか。

和田祐
 空気。

【Read More...】

2012.02.12(Sun):麻偽の得々トーク
麻「こんにちは。得々トーク司会の麻偽と。」
千「阿部千里で~す。」
麻「恥の文化と罪の文化って知ってますか?」
千「ベネディクトさんでしたっけ?」
麻「日本人は他人の目を気にして物事を行う“恥の文化”であり、欧米は神が定めた正しいことを行う“罪の文化”であるという考え方です。」
千「カンペ見ながら話さない!!」
麻「恥の文化では、人が見てなかったら何をしてもいいって考え方になるんです。一方、罪の文化では、人が見ていなくても神が見ているから悪いことはできないという考え方になります。」
千「まぁ、批判的意見は多いですけどね。」
麻「日本では、見られてなかったら殺人くらいいいよねってなりますが。」
千「なりません!!それこそ、偏見です。」
麻「欧米では、マリア様がみてるってなるんです。」
千「マリア様は神じゃない!!」
麻「僕は、圧倒的に罪の文化を推しますよ。」
千「いやいや、その考えは一方的では?」
麻「そんなことを言う人は天罰が下りますよ?」
千「いや、そんな神はただの独裁者ですから。」
麻「今から、罪の文化の素晴らしさを伝えたいと思います。」


・千里の通勤中にて
千「あれ、麻偽、私を尾行して何しようとしてるの?答えによらず警察に送るよ。」
麻「いやぁ、隙を狙ってスカートめくりをしようと。」
千「警察じゃなくて墓場に送ってあげましょうか?
麻「好きを狙うをかけたみたいなね。」
千「かかってない!!ていうか、そんなことして恥ずかしくないの?」
麻「僕が気にするのは恥ではなく罪さ。」
千「いや、スカートめくりは罪ですから!!ラノベとかアニメとかの影響で分かってない人もいそうですが罪です!!」
麻「でも、僕が信仰する神は、スカートめくりを推奨しているのだよ。修行の一環としてね。」
千「一体、どこの神よ!!」
麻「じゃあ、修行をさせてもらいます。」
千「…前提として、今、私、スラックスですよ?」

・千里のシャドーショッピングにて
千「うわぁ、カッコいいスラックス。欲しいけど、高いなぁ。」
麻「千里、神は節約を修行の一環として推奨しているのだよ。」
千「…前提として、何で付いてきてるの?プライベートに侵入しないで下さい。」
麻「いや、たまたま…だよ?」
千「麻偽が得々のギャラをちゃんと出してくれたら買えるんだけど。」
麻「僕は千里が修行できるようにと思って、ギャラを出してないんだ。
千「昨日、ミドリ電化で無駄遣いしてたくせに…。」
麻「いやぁ、それはその…。」
千「ところで、麻偽のそのズボンは何?」
麻「スラックス。」
千「絶対違います!!赤と黄色のストライプが入ったズボンって、よく外を出歩けるわね。」
麻「これは安いんだ!!それに、僕は、恥なんて気にしない。神の罪以外は気にしないんだ!!」
 翌日、このズボンを学校に履いていき、謹慎をくらいました

・二人が結婚したとして
麻「ただいま~。夕食が先?それともお風呂?」
千「尋問が先です。昨日、亜麻観って女と会ってたって聞いたわ。本当?」
麻「本当さ。」
千「って、少しは隠すとかないの?恥というものがないわけ!!」
麻「神に嘘をつくのは罪だ。」
千「しかも、彼女に好きだって言ってたそうね。」
麻「神は博愛精神を推奨している。」
千「何が博愛よ!!」
麻「さらに神は、人間の繁栄、人口の増殖を推奨している。」
千「最低、出てく!!」
 こうして、麻偽は町内で噂の浮気男となった。
麻「恥なんて気にしてないんだからね!!」

・ひそひそ話
千「麻偽って、マジで頭狂ってるよね。ひそひそ…。」
麻「そこ!!聞かれてなければいいってものじゃない!!神への罪に気づきなさい!!」
千「向こうでも、ひそひそ話してるけど?」
  『小栗ジョンってマジ死ねばいいのに。
   大して顔もいいわけじゃないのにモテやがって、死ね!!』
  『本当に、リア充野郎が!!前なんか、粋ってスラックス履いてたぜ』
麻「あいつらにはやがて天罰が下る。僕が介入することじゃない。」

・小栗ジョン
麻「千里!!」
千「朝からうるさい!!何?」
麻「昨日、夜の公園で小栗ジョンとキスしてたでしょ!!神は見ているんだよ。」
千「昨日、それを見たあと自宅で、RPGの主人公に小栗ジョンって名付けて、スライムに何回もやられさせてたでしょ。神は見ているんだよ。」
麻「…千里はどうやって見てたの?」


麻「スラックス履いてみました。」
千「それはミニスカートです!!以上、得々トークでした。」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。